FX@外為

ダイエットクッキー

「ダイエットクッキー」の有益情報をお届け!

ダイエットいろいろ、こんなダイエット方法ご存知ですか?

ダイエットってどんなにいいものでも長続きしなければダメなんですよね

1日3分から実践可能! 誰でも短期間で手軽に稼げる方法とは!?

メニューページに戻る

ダイエットクッキー:カテゴリの記事一覧です。

2007年01月21日

クッキーダイエット

クッキーダイエットのメリットは、手軽な食事のかわりにできることです。
ありがちな食事回数を減らすということは、ダイエットには大敵です。
まとめ食いをすると、分解しきれない糖分をインスリンがどんどん脂肪としてため込んでしまうからです。
1日3食はしっかりとりたいけれど忙しくてとれないという人にとって、低カロリーで野菜ジュースなどといっしょにとれば、それだけで朝食がわりになるクッキーはとってもおすすめです。
時間がなくても電車の中で食べたり、事務所でぱっと食べたり、携帯していろんな場面で食べられるのもとっても便利です。

ダイエットしても、いつも途中で挫折したり、リバウンドしてしまったり……。
そんな人たちに共通しているのは、「ため込みやすい」体質になってしまっていること。
ダイエットというと、普通はまず食事制限を考えます。
摂取エネルギーを減らし、運動をして消費エネルギーを増やす。
これはダイエットの基本ですが、ただ食べ物を制限するだけだと、その状態に対して体はなるべくエネルギーを節約し、使わないようにします。
しかも、食事を制限すると栄養素が偏ることが多く、体の調整能力も落ちてしまいます。
とったエネルギーを燃やすこともうまくいかず、体内の不要なものもうまく排出できない、これがため込み体質なのです。

したがってまず、ため込み体質から脱出しなければなりません。
体の毒素排出機能を復活させる栄養素として、食物繊維があげられます。
食物繊維は体内で消化吸収をされることのない成分で、同時にコレステロールなどを絡めとって体外に排出する働きをします。
直接毒素排出に役立ってくれるわけです。
こうした毒素排出にぴったりの食品がクッキーといえます。
素材の選び方・作り方しだいでカロリーを抑えることもできますし、食物繊維や不足がちなミネラルなども補給することができます。
また、いろいろな種類があり、必要なミネラルやその他の成分、そして好みに応じて食べることができる。これがクッキーダイエットのメリットといえるでしょう。


リバウンドや神経性の食欲増加、やけ食い、夜食症候群などの多くの原因はストレスといえるでしょう。
食欲という本能を我慢するというのは人間の体にとってはとてもストレスになります。
だからといって好きなだけ甘いものを食べてしまっては、やはり太るもとです。
しかし、繊維たっぷりの素材といっしょにとるクッキーなら、見た目よりも低カロリーです。
材料を選定すれば必要なミネラルやアミノ酸も摂れます。
効果を高めたいなら、クッキーを手作りするときに黒砂糖やてんさい糖など、ミネラルやアミノ酸成分を含んだ砂糖を使うとよいでしょう。
バランスよくダイエットができます。

クッキーダイエットのもうひとつの要素は「かむ」こと。
かむだけでしっかり食べているという気分にさせ、ストレス解消につながるのです。
よく噛んで食べましょう。
同時にかむことはだ液を出すことを助けます。
よく噛んでだ液がふえれば、だ液は消化を助けてくれますので、糖を分解するインスリンが急激に分泌されるのを防止してくれます。
また、噛むことで満腹中枢を刺激し、食べすぎを抑えてくれます。
かむことによって交感神経が刺激されるので、エネルギー消費量を増やすことにもつながるのです。
つまり、同じだけ食べても燃焼しやすい体をつくるというわけです。
このように、ダイエットにとってかむことはメリットが大きいのです。



ココアクッキーダイエットのページへ


即ヤセ-4kg!おから本舗のダイエットクッキー!


9日食べて4kg減?豆乳クッキーダイエット


空腹にサヨナラ!絶食ダイエットはもう古い?!身体に優しく低カロリー「サラシア自然派クッキー」


[10日で─4kg目標!]1食当たり255円〜【豆乳おからダイエットクッキー】格安新登場!!

posted at 00:36
カテゴリー:ダイエットクッキー
エントリー:クッキーダイエット
2007年01月20日

ココアクッキーダイエット

ココアクッキーに含まれる健康食材として有名な「ココア」。
ココアはカカオ豆の脂肪の一部をとり除き、粉末状にしたものです。
ココアの有効成分として最も注目したいのは、カカオ・ポリフェノールという抗酸化成分。
ポリフェノールといえば、赤ワインが有名ですが、実はココアには赤ワインよりも多量のポリフェノールが含まれているのです。
また、ココアが花粉症などのアレルギーやリウマチ、ガン予防に効果があるといわれているのは、この強い抗酸化作用によるものです。
また、ポリフェノールは肌の老化を遅らせ、シミ対策や美白など、美容面でも効果を発揮します。

さらに、カカオ・ポリフェノールには、ダイエット効果もあるのです。
カカオの苦味には、ダイエット効果を高める秘密が隠されているのです。
ポリフェノールには、体内にため込まれやすい過酸化脂質という、余分な脂肪を燃焼する作用があります。
さらに注目すべき有効成分は食物繊維です。
食物繊維は、便秘改善効果のほか、コレステロールを下げる働きやおなかのなかでふくれるという作用があり、ダイエットをサポートするといってもいい成分です。
鉄分やカリウムなどミネラルも豊富。貧血のかたや、冷え症の改善も期待できます。

ココア独特の香ばしい香りもダイエットのための強い見方です。
ダイエットクッキーの場合、バターや砂糖を極力控えるため、甘味が物足りないと感じるのは、ある程度はしかたのないこと。
そんなとき、ココアの香りは足りない甘味をカバーしてくれるため、満足感を高めてくれます。
さらに、ココアの香りには食事をガマンすることによって生じるストレスを緩和させます。
つまり、体に負担をかけずに自然と食欲を正常な状態に戻す効果も期待できるのです。
さらに、かむことで満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防げるのもクッキーダイエットの魅力。
1日のおやつに3〜4枚程度よく噛んで食べれば、満腹感が持続して夕食の量も自然に減らせます。


ココアクッキーの効果
改善が期待できる症状
 ダイエット
 便秘改善
リウマチ
 花粉症
 アトピー
 がん予防
 中性脂肪など




ココアクッキーの作り方
材料(40個分)

1枚およそ37kcal

A <薄力粉 100g・ベーキングパウダー 小さじ1>
 アーモンドオイル(食用油) 40g(大さじ3)
 無糖のココア粉末 20g
 豆乳   2/3カップ
 三温糖  20g
 塩    小さじ1/4

1 ココアにオイルを加えて泡立て器でまぜる
2 三温糖、豆乳、塩の順番に入れ、まぜ合わせる
3 Aをふるい合わせたら2に加え、ゴムべらでしっかりまぜ合わせる
4 お好みでパフキヌアを加えて、鉄板に3を流し入れる
5 180度のオーブンで20〜25分間焼く。
  焼き上がったら、2cm幅の棒状に切る




クッキーダイエットのページへ




即ヤセ-4kg!おから本舗のダイエットクッキー!


9日食べて4kg減?豆乳クッキーダイエット


空腹にサヨナラ!絶食ダイエットはもう古い?!身体に優しく低カロリー「サラシア自然派クッキー」


[10日で─4kg目標!]1食当たり255円〜【豆乳おからダイエットクッキー】格安新登場!!














posted at 23:59
カテゴリー:ダイエットクッキー
エントリー:ココアクッキーダイエット
2006年12月28日

豆乳おからクッキーダイエット

豆乳おからクッキーダイエットとは、3食のうち1食を豆乳おからクッキーに変えるダイエット方法。


満腹感の秘密は「おから」。
おからとは、ご存知の通り、豆腐を作るときに出る絞りカスですが、上質な食物繊維がたっぷり。
おからは水を含むと膨張し、胃の中で分解される時間がかかるのでおからでできている豆乳おからクッキーだけでも満腹感が持続。
水を含むと大きさ2倍、重量3倍にまで膨張。
従って、食事と共に水分を摂るのがお勧め。

また、おからは分解されるとタンパク質からアミノ酸へ、おからに含まれている多糖類はグルコースになります。
この分解物が、体を維持する成分として役立ちます。

豆乳おからクッキーダイエット は、低カロリーではあるものの、ミネラルやビタミンなど1日に必要な栄養分の3分の1が摂れるようになっているので、3食のうち1食を豆乳おからクッキーにかえることでダイエットができるのだとか。






★★★おからクッキーレシピ★★★

◎しっとりおからクッキー
■材料(約30枚分)
おから           100グラム
バター(またはマーガリン)  70グラム
砂糖             60グラム
薄力粉           120グラム
卵               1個
■作り方
1.耐熱皿にペーパータオルを敷いておからを広げて、電子レンジで2分加熱します。
  全体を混ぜてから、さらに2分加熱します。
2.バターを室温に戻し、クリーム状に練って、砂糖を少しずつ加えてすり混ぜます。
  なじんだら、割りほぐした卵を2回に分けて加えます。
  全体をなめらかになるまでよく混ぜます。
  さらに、おからを加えて、よく混ぜます。
3.2に薄力粉を加えて、さらによく混ぜた後、ラップではさんで厚さ7ミリ程度にのばします。
  これを、冷蔵庫で30分以上休ませます。
4.生地を型抜きして、残りは直径約3センチほどの棒状に丸めて厚さ7ミリほどに切ります。
  オーブンシートを敷いた鉄板に並べて、温めておいた180度のオーブンで15〜18分焼くと出来上がり♪

◎紅茶おからクッキー
■材料(約30枚分)
しっとりおからクッキーの全材料と刻んだ紅茶葉小さじ4
■作り方
しっとりおからクッキーの作り方と同じ。2でおからを加えてよく混ぜた後、さらに紅茶葉を加えてよく混ぜます。


◎ココアおからクッキー
■材料(約30枚分)
しっとりおからクッキーの全材料とココア小さじ4
■作り方
しっとりおからクッキーの作り方と同じ。2でおからを加えてよく混ぜた後、さらにココアを加えてよく混ぜます。


◎緑茶おからクッキー
■材料(約30枚分)
しっとりおからクッキーの全材料と刻んだ緑茶葉小さじ4
■作り方
しっとりおからクッキーの作り方と同じ。2でおからを加えてよく混ぜた後、さらに緑茶葉を加えてよく混ぜます。


■常温保存の場合は、4〜5日が目安ですが、冷凍すれば2週間は持ちます。
 他にも、いろいろと試してみるのも楽しいかも…


るんるん自分で作るのが苦手だという方はこちら
 

posted at 01:30
カテゴリー:ダイエットクッキー
エントリー:豆乳おからクッキーダイエット

メニューへ

るんるん今、注目されているダイエットを見てみる!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。